FC2ブログ

アクアショップZERO(ゼロ)

WowAppアプリ、LINE@、フェイスブック、ツイッターなどに登録して、各種媒体独自の当店のサービスをゲットしてください☆ 毎日更新の当ブログはリンクフリーです。 (当サイトの写真は、2014.12月頃までは全てガラケー携帯電話による写真のため、実際よりも色が薄く表現されております。それ以降はスマホ撮影です)

『今日も生体が少々入荷予定:ディスカス:御店選び』


写真は、ディスカスの子育ての様子です。


アレンカーレッドの雄(オス♂)と、レッドターコイズの雌(メス♀)のペアです。

アレンカーレッドはペナン産で、レッドターコイズはベトナム産です。

アレンカーレッドとして流通しているディスカスで、ラインタイプとソリッドレッドタイプがいますが、とくにソリッドレッドタイプはバーチカルバンドの乱れが当たり前のようになっています。

それを改善してもらいたい、あるいは自分で改善しようかなと思っていますが、ここ2~3年以内くらいの間に違和感のあるアレンカーレッドが東南アジアから出回っている時期がありました。

何と言いますか、ラインタイプのアレンカーレッドなのですが、もしかして作り直している最中のアレンカーレッドなのかな?と思わせる個体群が出回っている時期があったと感じています。

それか、試験交配的な個体群だったのか。

その時期に、ある問屋さんから仕入れたラインタイプのアレンカーレッドの幼魚の中に、やたら青い個体がいて、その時は興味本位で常連の御客様と笑いながら見ていたのですが、御客様が育ててみたところ、まんま青系ディスカスに育ちました(笑)

コバルトブルーのような、ソリッドブルーのディスカスになりましたので、それを使って繁殖させて血統の中身を見てみたいとも思っていたのですが、その個体は死んでしまったので、真相は闇の中に・・・

そのような、個体間の表現のバラツキからも、今まで通りの交配魚ではないなと、思いました。

それにしても、あり得ないくらいのバラツキでしたので、笑ってしまった記憶があります(笑)

もしかして、作り直す最中に、目的の表現を拾い易くする為に、あえてアレンカーレッドとは掛け離れている表現の品種を交配に用いたのかなとも思いました。

話は戻り、その時期の個体群は、タイプ的にはビンテージタイプに見えましたので、見た目は地味な感じはしますが、私は良いと思っていました(特に種親的には使えるなと)。

で、実際に子を採ってみると、良い手ごたえを感じています。

この画像の子が採れる以前に、同じペアで少数の子が採れているのですが、それからして期待出来そうです。

親魚自体は幼魚で仕入れた個体ですので、稚魚から私が育てているわけではないため、成魚になった時の仕上がりはイマイチだったとしても、繁殖させて子を採り、自分で稚魚から育てれば数もいますので、素質のある個体は出ますから、いくらでも良い魚に育て上げれます。

以前もここで書いたことがありますが、同じ兄弟魚でも育成環境によって成魚になった時の仕上がりが大きく違うのです。

AさんとBさんの育て方が違えば、同じ魚を育てても、全く違う魚に仕上がります。

それが、より小さい時から育てたのであれば、なおさら違いが出ますので、良い個体に仕上げたいかたは、変に手のついていない(変に癖のついていない)、より幼い時期から育てれば良いのです。

これは、ディスカスに限らず、どの魚にも言えることです。

店を始めてからは、他の魚やエビにも水槽を割り当てなければならなくなりましたので、、水槽の数に余裕が無いために、幼魚を駄目にしてしまうことがありますが、それだけがネックです(´ω`;)

トラブル無く、順調に数を残せれば、いずれ販売致しますね。




こちらも、ディスカスの子育ての様子です。

当店ZERO産の、ブルーダイヤモンド(仮)の雄と、国産オーシャングリーンの雌のペアです。

写真は、当店ZERO産の雄個体の方です。

稚魚を体着させていますね。

このペアでは初の成功で、何回も失敗していますし、雌も年齢的なものもあり、ヨボヨボになってきました。

ZERO産の雄(写真のブルーダイヤ・仮)の親魚は、国産ドイツ系コバルトの雄と、国産オーシャングリーンの雌ですので、それらの交配から得られたF1になります。

その国産ドイツ系コバルトの方は、それら同士で繁殖させると、コバルトの他にドイツダイヤも産まれる系統で、国産オーシャングリーンの方は、その昔有名だった国内ブリーダーが繁殖させたオーシャングリーンですが、単にそのかたが繁殖させただけで、オーシャングリーン自体はペナンから仕入れたものだと思います。

というのは、昔ながらのオーシャングリーンを求めて、そのブリーダーから仕入れてみたのですが、見た目で違うかなと判断しました。

ある時期から、オーシャングリーンにブルーダイヤモンドを交配した物しか出回らなくなったんじゃないかと自分なりに感じていたのですが、やっぱりそうだったみたいで、色合いが違うんですよね。

で、話は戻り、国産ドイツ系コバルトの雄×国産オーシャングリーンの雌で採れたF1を見てみると、ソリッド系コバルトと、ライン系コバルトと、ソリッドブルーの魚が採れました。

国産ドイツ系コバルトは、兄弟にライン系もいますので、繁殖させれば勿論、ライン系コバルトも産まれますね。

で、コバルト×オーシャンで、F1にソリッドブルー(ダイヤ)も産まれたということは、血統内でダイヤがクロスして現れたという事で良いかと思いますので、そのようなことからも、このオーシャングリーンにブルーダイヤモンドの血が入ってしまっていると推測されます。

間違っているかもしれませんが、私なりには、そう考えました(´・ω・`)

で、この写真の雄も、F1のなかに産まれたダイヤタイプの1個体なのですが、なるべくオーシャングリーンぽいのを選んで、バッククロス(掛け戻し)させたのが、画像の様子なんです。

なるべくそれらしいのを選んだと言いましても、実際のところ、3.11の地震だったかブロアーの故障だったかの時に大量死してしまったので、選べるほど残っていなかったのですけど(´・ω・`;)

しかも、バッククロスと言いましても、正確には、この写真のペアの雌は、雄の実の母親ではありません。

雄の実の母親のオーシャングリーンは、販売したか死んでしまったか覚えていませんが、すでに手元におりませんでしたので、その母親の姉妹にあたる(要は、写真の雄からすればオバにあたる)個体を使いました。

オバの雌は、もうヨボヨボですので、今回の子が残ってくれることを願います。

今回の子が駄目になれば、次は無いと思いますね(´・ω・`)

オーシャングリーンを得たければ、先のF1同士で採ってF2を得れば、そのF2のなかに現れると思いますが、青だらけの中からオーシャンタイプを拾うのはややこしいので、青系と掛けてF1を採るところから始めないで、赤系や原種と掛けてF1を採るところから始めれば、F2を採った時にオーシャングリーンを判別し易くて良いかもしれないとも思います。

なんにせよブルーダイヤも出るので、ややこしいとは思いますが、こんな手間のかかること、誰もしませんね(汗)

なんでオーシャングリーンにブルーダイヤモンドを掛けたかなぁ(´・ω・`;)

青が薄まってしまって、ブルーダイヤモンドとの区別がつかなくなってしまったじゃないですか。

生産者や問屋さんは、何を基準にして、その2品種を区別しているのでしょうか?

体型しかないのではないでしょうか。

オーシャングリーンは、もういなくなってしまったと言えるのかもしれないと、私的には思います(´・ω・`)

ペナンのブルーダイヤは好みませんので、香港ダイヤかWWFFの系統か。

オーシャングリーンの作出過程でも、確かWWFFの魚が使われていたように記憶しますが、血統表が書かれた書籍を無くしてしまっているので、確認できません(;´Д`)

ちなみに、この写真の雄を「ブルーダイヤモンド(仮)」としていますが、他のと掛けているので、ドイツダイヤとも言えないと思いますし、ましてやオーシャングリーンとは言えないと思いますので、ブルーダイヤモンドであっていると思います。

一応、スーパーブルーダイヤモンドとしていますので(´・ω・`)

販売していた個体も売れて、同じ品種は、あと1個体を残すのみです。

同腹のコバルト系であれば、あと2個体です。

繁殖即戦力個体ですが、安く販売していますので、御買い得ですよ☆

繁殖用に私がストックしている個体は、基本的に非売ですので、一応価格はつけていますが、それなりの価格です。

唯一、ロイヤルグリーンと組ませている個体は(ソリッドタイプのコバルト)、ストック水槽からの個体で、特別に半額で販売しています。

仕入れた幼魚も販売しておりますので、安価なものから欲しい御客様は、そちらもチェックしてみて下さい☆

お近くのかたであれば、当店から購入することを御勧め致します。

魚は、買う(飼うではなく、買う)段階からが、その後の飼育のし易さを、大きく左右しますので。

ディスカスは、当店に御任せ下さい。

当たり前な話ですが、違いのあるものほど、ものの出来栄えに差が出るわけですから、購入の際はちゃんと考えて選ぶことです。

まだ物の良し悪しがわからないビギナーのかたは、それが良いか悪いかも判断できないわけですから、どこで購入しようが同じことと言えるのですが、絶対に違いがありますので、専門店に通うことです。

ホームセンターではなく、専門店に通うこと。

ホームセンターのかたは、そのコーナー担当なだけであって、専門店のプロとは違います。

昔は『ホームセンターで魚は買うな』という、アクアリウム界の格言みたいなものがあって、有名だったものです。
(※現在では、ホームセンター内に専門店が入っている「インショップ」がありますので、それであれば良いと思います)

私がディスカスを始めた当時も、その後今までも、ディスカスは専門店からしか購入したことがありません。

違いの無い一般魚種であれば、状態さえ良ければ、ホームセンターからの購入も良いですが、ホームセンターは集中濾過で管理しているのが一般的ですので、他の水槽でも病気が発生していないかチェックすることが、とても大事です。
(※集中濾過とは、パイプを通して全ての水槽に同じ水が循環しているシステムです。そのため他の水槽で病気が発生していれば全ての水槽に病原体が広がります)

専門店でも、集中濾過を使用している御店では、同じように注意して下さい。

集中濾過を、場合に応じて単独濾過に切り替えるなど、使いこなしていれば良いのですが、あまり期待出来ません。

話は戻りますが、専門店でも、こだわりと信念のある専門店が良いです。

当店も、そんな専門店になるよう、であるよう、心がけております。

お近くに、そのような専門店がある御客様は、その御店を大事にしてあげて下さい。

ついでに、当店も宜しく御願い致します。




文章も終わるかと思いきや、こちらは、ワイルドディスカスの販売水槽の様子です。

原種グリーンです。

3産地のグリーンが収容されていますが、1産地については、何も書いて表示していませんので、興味のある御客様は、御来店時にでも御問い合わせ下さい。

1個体は売約済みです。

すでに、冷凍赤虫は勿論、ディスカスハンバーグも、ドライフードにも餌付け済みです。

常態抜群です☆

いずれ繁殖に使うのを、私も楽しみにしています(^ω^)


今日も生体(魚)が、少々入荷致します。

プレコ2品種は、すでに売約済みですので、残るプレコは1品種の予定です。

総額1万円位になる生体の御注文であれば、すぐに仕入れ可能です☆

総額5千円以上であれば、場合によってはすぐに仕入れれるかもしれないといった具合ですが、少額の生体のリクエスト・御注文でも、御気軽に御相談下さい(^ω^)

基本的には、少額の御注文であれば、私の方で注文を出す物がまとまった時に、一緒に注文することになりますので、その間に問屋さんのリストから消えてしまうこともありますから、確実に欲しい方は、なるべく総額1万円位になるよう、御注文下さい。

リクエストとは、御客様が購入することが決定しているわけではなく、購入するかもしれない位のものに対して使いますが、性質上、必ず受付られるものでもないことを御了承下さい。

例えば、私が自ら仕入れるつもりがないもので、なおかつ高額か、それなりの価格がつくものは、仕入れる余裕はありませんので、購入決定(御注文)でない限り、リクエストはあくまでも参考程度に聞くくらいになります(´・ω・`)

宜しく御願い致します。


ということで、大変長くなりましたが、今日も売れますようにと願いまして、このへんで失礼致します。

熱帯魚の王様、ディスカスのことなら、当店アクアショップZEROに御任せ下さい。




※大型魚ファンのかたは、セール情報(7月26日)を御見逃し無く!




※現在、シュリンプスターターセットを購入していただいた御客様に、もれなく2000円分のシュリンプを無料で差し上げます☆

さらに、その日から飼育をスタートできるよう、当店のエビ水槽から飼育水も無料で差し上げます☆

2000円分であれば、どのシュリンプを選んでいただいても構いません☆

選んだエビの合計金額が2000円に満たなくても御釣りは出ませんが、2000円の商品券を使うと考えていただければいいと思います(´・ω・`)

例えば、欲しいエビの金額が2000円をオーバーしている場合、不足分の金額を2000円に足して支払えば、購入することが出来ます☆

限定3セットですので、この機会に御買い求め下さい☆



※シュリンプの御買い上げ金額が、11200円以上で、『濃縮酵素』を無料プレゼント致します、は終了致しました。



※ミロネクトン(固形・粒・パウダー)の無料プレゼントは終了致しました。

ミロネクトンの固形販売は終了致しました(※既製品のミロネクトン固形は、あと数個あります)

パウダーと粒の、格安販売は継続しておりますので、御買い求め下さい。



※冷凍餌(赤虫・ハンバーグ)は、10枚購入で、1枚無料プレゼントです。


まとめ買いが、御得になっておりますので、断然オススメです。


※その他では、ディスカス・ポリプテルス・らんちゅう・プレコ・エンゼルフィッシュ・国産グッピーなども、特価個体がいて御勧めです。

一期一会のチャンスを御見逃し無く。


それでは、皆様の御来店を心より御待ち致しております。


にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
  1. 2012/12/15(土) 08:30:00|
  2. 専門店は高い? ホームセンターは安い?

プロフィール

アクアショップZERO(ゼロ)

Author:アクアショップZERO(ゼロ)
since 2006

『些細なことから緊急なことまで、何かあれば深夜を問わず24時間メールか、WowAppアプリ、公式LINE、フェイスブック、ツイッター、インスタグラム等で連絡をください』

WowAppアプリの登録は、私のページから登録しないと私とつながれないので、必ずここから登録してください

Wowappアプリの登録はココから

IMG_9509_convert_20170416232444_201705130336516da.png
この写真からは登録できませんが、登録方法の説明としては、黄色い場所の『WowAppでdaisuke に参加』という所をタップして登録開始です。
登録開始するには、上のリンク『Wowappアプリの登録はココから』を押してください。


当店LINE@はこちらから
IDは、@amu9646i
IMG_9599_convert_20170418050939_201705130315167b6.png



当ブログはリンクフリーです。
スマホの方で、カレンダーが表示されていない場合はブログの一番下まで行き「PCビュー」というところを押してPC画面に切り替えて御覧下さい。

☆夜間から朝までの緊急トラブルへの対応も可能なので、24時間いつでも連絡をください☆
※とは言うものの基本的に午前中は対応できません

メールアドレス:zero_aqua_zero@yahoo.co.jp

稼動総水槽数、常時100本以上(現在130本位)
小規模店舗ですが生体多数
安心・安全・状態バッチリ・価格も魅力
安価なものから高級レア種までお任せ
信頼ある商品のみ取扱っております
安物買いの銭失い、ガラクタ買いの銭失いはさせません
ディスカス・シュリンプ・ベタ・らんちゅう・その他、小型魚~大型魚・水草から海水魚まで御任せ

観賞魚・水草・飼育器具類・餌の販売。
爬虫類・両生類・小動物の餌や器具類も格安で御取り寄せできます。

場所はイトク鷹巣南店すぐそばです
イトク鷹巣南店を目指してきてください
まずは御来店・お問い合わせ、御気軽に

お問い合わせ
メール:zero_aqua_zero@yahoo.co.jp
又は、当店の各種SNSから御連絡ください

〒018-3323
住所:秋田県北秋田市米代町3-12

TEL&FAX:0186-62-9333
(※基本的に電話に出られないので電話は使用していません。メールやSNS連絡になります。SNS経由であれば電話も無料なのでお勧めです)

営業時間
平日
14時頃(12時頃)~20時頃
土日、祭日
14時頃(12時頃)~19or20時頃
(※ご迷惑をおかけしますが、営業時間・お休みにつきましては急な変更が多々あるため、ご来店前に当店ブログやメールでの確認が良いと思いますが、開店前の返信対応はほぼ不可です。早ければ12時頃開店ですが、ほぼ間違いなく14時~14時半頃の開店です)

駐車場:無し
(※隣の駐車場は当店の駐車場ではないため、絶対に車をとめないよう強く御願い致します)

定休日:不定休
(臨時休業という形でしか休みません)

画像+606_convert_20160522004840


『特定商取引法に基づく表記』

販売業者:アクアショップZERO(ゼロ)

運営統括責任者:山城大介

所在地:〒018-3323 秋田県北秋田市米代町3-12

電話番号兼FAX:0186-62-9333

メールアドレス:zero_aqua_zero@yahoo.co.jp

販売価格:商品毎に記載(税込)

楽天カード

どなたでも審査が通り易いことから、初めてのクレジットカードにも最適

楽天カードの取得は、ここから

ご来店ありがとうございます

カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 100

紹介文:このブロマガでは、魚の病気の特徴や対処法、薬の種類や使い方などを教えます。
実際に私がやっている方法なども御紹介します。
他には、飼育法や御勧め飼育アイテムの御紹介など、実際に私から教えてもらうことが出来ないかたも、これを見れば全て丸わかりです。

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

当店ブログのQRコード

QR

スーパーセキュリティZERO

Amazon.co.jp

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ