FC2ブログ

アクアショップZERO(ゼロ)

WowAppアプリ、LINE@、フェイスブック、ツイッターなどに登録して、各種媒体独自の当店のサービスをゲットしてください☆ 毎日更新の当ブログはリンクフリーです。 (当サイトの写真は、2014.12月頃までは全てガラケー携帯電話による写真のため、実際よりも色が薄く表現されております。それ以降はスマホ撮影です)

『産地による色々な違いと、赤ちゃんから育て上げる楽しみ』


写真は、当店ZERO産の深見系らんちゅうです。


らんちゅうの稚魚(青子)です。

写真を撮る時間が無くて、毎度こんな写真でごめんなさい(´・ω・`;)

今まで当店では、このくらいのサイズの稚魚を仕入れた場合、良い思い出は無く、全滅したりだったのですが、やっぱり自家産だと全然違いますね。

仕入れた場合、やっぱり環境変化によるストレスで体調を崩しやすいのですが、厳密に言えば病気のかかり易さが違います。

免疫の有無によるところもあるのですが、仕入れの度(たび)、水槽を消毒して向かい入れるような御丁寧なことは、私はしないので、御店に届いてから体調を崩すことが結構あります。

店を始めた当初は、価格が高い金魚に限って死んでしまったり、全滅することもよくありました。

大事に育成された魚ほど、「箱入り娘」状態だったりして、病気に対する免疫がついてなかったりするので、当店に届く前段階で病気にかかってしまっているか、当店で病気にかかってしまうことがあるのです。

以前は、金魚ヘルペスに対する知識も無かったので、あとから考えれば、それが原因だったことが多かったようにも思います。

あとは、複数の病気が併発することも普通にありますが、その場合、どの病気を優先して治療するか、どの病気に重きを置いて治療するか、考えなければならないこともあります。

ある病気には、高温治療しかない場合もあり、水質・水温次第で、使用できない薬も出てきますので、病気が併発した場合、そのように困ることがあるのです。

金魚に限らないことですが、基本的には外国産より国産の方が調子を崩し難く、飼い易いわけで、なおかつ国産でも地元産のものが飼い易いわけです。

それは簡単な話で、環境に馴染んでしまうため、環境変化があった場合、環境変化の差の違い(差の大きさ)が、飼い易さを左右するからです。

ただし、それはあくまでも基本的にはという話で、生産元が水質をいじって、ニュートラルな水質からかけ離れた水質にして管理していれば、また違う話になります。

そのような環境で育成された魚を上手く飼うには、同じ水質にして飼うことが一番の近道なのですが、しかし、その水質を再現するのが難しい場合、例えば、RO浄水器などを使い、ミネラル添加して調整された水質などで育成された個体であれば、『誰もが飼いやすい個体』からは、かけ離れてしまうことになるのです。

これは、エビでも魚でも同じ話です。

『癖のついた個体になってしまう』と表現すれば、わかり易いでしょうか。

ですから、どうしても難しくて、水質を細かく調整しないと育成・繁殖が出来ないような生体でもない限り、御客様のことを考えれば、なるべく無調整の水で管理した個体作りが良いことになります。

ただし、生体によりますが、沖縄のように原水の水質自体が適さないなどの場合は、水質調整して水を作ることも必要になるとは思いますし、それはヨーロッパのほうが顕著な例で、だからこそ、水質調整が必要だったからこそ、ヨーロッパがアクアリウム先進国となったのです。

逆に、東南アジアは、原水自体がアクアリウムに向いていることと、気温も年中暖かいことも向いているので、養殖が盛んです。

輸送費のことも含めて、経費の差が、ヨーロッパ産と、東南アジア産の生体の価格差につながっていると思いますが、それと共に、大きな差は『品質の差』だと思います。

『数の東南アジア、質のヨーロッパ』みたいな感じですが、地域により得意分野がありますし、勢力図も昔とは様変わりしていますので、現在は、その然り(しかり)では無いとも思います。

例えば、日本発のものの代表は、レッドビーシュリンプですし、らんちゅうもそうですね。

東南アジアでも日本のらんちゅうを種親にして、らんちゅうを作り、それが日本にも入ってきています。

『六鱗風』なんてのも東南アジアから入ってきますが、『風』というのがミソだと思います(笑)

東南アジアのらんちゅうも含め、私は仕入れたことが無いので、実物を見たこともありませんが、個人的には、やっぱり国産が一番好きです。

中国金魚は、それはそれとして考え、楽しむものだと思います。

やっぱり国産物と他国の金魚は、違いますから。

個人の好みもありますし。

東南アジアが悪い、中国が悪い、とは思いません(´・ω・`)

各々に良さがあると思います。

国産にしても、国内の産地による違い、生産者による違い、系統による違いや特徴などがあり、それらの違いは本当に面白いものです。




こちらも、当店ZERO産の深見系らんちゅう(青子)です。

この1匹だけが、色合いが違います。

1匹だけしか写っていないので、比較できないと思いますが、この水槽を見ていただければ、すぐにわかります。

魚好きの小学生も気づいたくらいです。

よく気づいたね☆

以前、宇野系らんちゅうを繁殖させようとした時は、針子の段階で駄目にしてしまったのですが、今回のは、トラブル無くきています。

魚は鰓(えら)をやられればアウトですので、それだけはなりませんよーに。。。

この青子達は、本当に元気で丈夫ですので、私も気が滅入ることも全く無く、逆に元気にさせてくれる子達です(^ω^)

最初の方にも書きましたが、やっぱり自家産は仕入れる個体と違って、飼育し易さに格段の違いがあります。

少数ですが、販売しておりますので、チェックしてみて下さい☆

親魚は、フンタンがよく出た、特に頭の良い両親ですので、期待できます。

子を見た感じでは、血統の良さがうかがえますので、御勧めですよ☆

青子ですので、まだサイズは小さいですが、小学3年生でも上手く飼育できているほど、飼育し易い個体達ですので、普通に飼育すれば大丈夫です☆

『小さいから上手く飼育できるか心配・・・』と考えてしまうかたもいると思いますが、大丈夫です。

本当に御勧めですので、この機会を逃さないで下さい。

安く価格設定しているので、売れたところで私は美味しくも何ともないのですが、本当に誰でも飼育し易い子達ですので、この可愛いサイズからの飼育を、多くのかたに楽しんでもらいたいとの想いから御勧めしています(´・ω・`)

現在の販売個体は、サイズアップしてもそうですし、次から選別販売される個体も、今の個体より段々と設定価格が上がりますので、できるだけ安く入手したいかたは、早い段階の個体から購入するのがコツです。

餌は、親魚と同じ餌を食べていますので、そのへんも含めて、飼育し易く仕上げています。

餌の大きさなど関係無い感じでガツガツ食べていますが、気をつかって小さな粒の餌を与えてあげれば、それはそれで良いことですよ☆

好ましいか好ましくないかは別な話として、発泡スチロールの箱や、衣装ケースに1匹~極少数の匹数であれば、水を張っただけで飼えるので、この子達専用の水槽(最低でも30cm水槽ほどの大きさの容器)さえあれば、大丈夫です。

勿論、より良い飼育をするなら、できるだけ大きな水槽を用意してあげて下さい。

体色や体型、サイズの変化を楽しみながら飼育できますので、長く楽しんでいただけます☆

赤ちゃんから成魚になるまで飼育できた時には、感慨深いものがありますよ。

あまり無い機会ですので、このチャンスを逃さないで下さい。

チャンスには、期限があるんです。

一期一会ですよ☆

それでは、今日はこのへんで。


金魚のことなら、当店アクアショップZEROに御任せ下さい。



ZERO産シュリンプのみの、お買い上げ金額が、11200円で、『濃縮酵素』を無料プレゼント致します。



※ミロネクトン(固形・粒・パウダー)の無料プレゼントは終了致しました。

ミロネクトンの固形販売は終了致しました。

パウダーと粒の、格安販売は継続しておりますので、御買い求め下さい。



冷凍餌(赤虫・ハンバーグ)は、10枚購入で、1枚無料プレゼントです。


まとめ買いが、御得になっておりますので、断然オススメです。


その他では、ディスカス・ポリプテルス・らんちゅう・プレコ・エンゼルフィッシュ・国産グッピーなども、特価個体がいて御勧めです。

一期一会のチャンスを御見逃し無く。


それでは、皆様の御来店を心より御待ち致しております。


にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
  1. 2012/06/17(日) 07:30:00|
  2. メダカ・金魚・錦鯉

プロフィール

アクアショップZERO(ゼロ)

Author:アクアショップZERO(ゼロ)
since 2006

『些細なことから緊急なことまで、何かあれば深夜を問わず24時間メールか、WowAppアプリ、LINE@、フェイスブック、ツイッター等で連絡をください』

WowAppアプリの登録は、私のページから登録しないと私とつながれないので、必ずここから登録してください

WowAppアプリの私のページからの登録はここから" target="_blank" title="☆完全無料アプリWowApp☆">☆完全無料アプリWowApp☆

IMG_9509_convert_20170416232444_201705130336516da.png
この写真からは登録できませんが、登録方法の説明としては、黄色い場所の『WowAppでdaisuke に参加』という所をタップして登録開始です。
登録開始するには、上のリンク『☆完全無料アプリWowApp☆』を押してください。


当店LINE@はこちらから
IDは、@amu9646i
IMG_9599_convert_20170418050939_201705130315167b6.png



当ブログはリンクフリーです。
スマホの方で、カレンダーが表示されていない場合はブログの一番下まで行き「PCビュー」というところを押してPC画面に切り替えて御覧下さい。
(※古い記事から表示しておりますので、最新記事や他の記事には、カレンダーや、月別アーカイブから飛んで下さい)

☆夜間から朝までの緊急トラブルへの対応も可能ですので、24時間いつでも連絡ください☆

メールアドレス:zero_aqua_zero@yahoo.co.jp

稼動総水槽数、常時100本以上(現在130本位)
小規模店舗ですが生体多数
安心・安全・状態バッチリ・価格も魅力
安価なものから高級レア種までお任せ
信頼ある商品のみ取扱っております
安物買いの銭失い、ガラクタ買いの銭失いはさせません
ディスカス・シュリンプ・ベタ・らんちゅう・その他、小型魚~大型魚・水草から海水魚まで御任せ

観賞魚・水草・飼育器具類・餌の販売。
爬虫類・両生類・小動物の餌や器具類も格安で御取り寄せできます。

場所はイトク鷹巣南店そばです
まずは御来店・お問い合わせ、御気軽に

お問い合わせ
メール:zero_aqua_zero@yahoo.co.jp
又は、当店の各種SNSから御連絡ください

〒018-3323
住所:秋田県北秋田市米代町3-12

TEL&FAX:0186-62-9333
(※基本的に電話に出られないので、メールやSNS連絡の方が早いです。SNS経由であれば電話も無料なのでお勧めです)

営業時間
平日
14時(12時)~20時
土日、祭日
14時(12時)~19or20時
(※ご迷惑をおかけしますが、営業時間・お休みにつきましては急な変更が多々あるため、ご来店前に当店ブログやメールでの確認が良いと思います。早ければ12時開店ですが、14時以降が確実です)

駐車場:無し
(※隣の駐車場は、当店の駐車場ではないため、絶対に車をとめないよう、強く御願い致します)

定休日:不定休
(臨時休業という形でしか休みません)

画像+606_convert_20160522004840


『特定商取引法に基づく表記』

販売業者:アクアショップZERO(ゼロ)

運営統括責任者:山城大介

所在地:〒018-3323 秋田県北秋田市米代町3-12

電話番号兼FAX:0186-62-9333

メールアドレス:zero_aqua_zero@yahoo.co.jp

販売価格:商品毎に記載(税込)

楽天カード

どなたでも審査が通り易いことから、初めてのクレジットカードにも最適

楽天カードの取得は、ここから

ご来店ありがとうございます

カレンダー

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 100

紹介文:このブロマガでは、魚の病気の特徴や対処法、薬の種類や使い方などを教えます。
実際に私がやっている方法なども御紹介します。
他には、飼育法や御勧め飼育アイテムの御紹介など、実際に私から教えてもらうことが出来ないかたも、これを見れば全て丸わかりです。

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

当店ブログのQRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する