アクアショップZERO(ゼロ)

通販もうけたまわっております(通販カテゴリーにある特定商取引法に基づく表記をよく読んで下さい) スマホの方はPCビューに切り替えてご覧下さい。 毎日更新の当ブログはリンクフリーです。 (当サイトの写真は、2014.12月頃までは全てガラケー携帯電話による写真のため、実際よりも色が薄く表現されております。それ以降はスマホ撮影です)

『①ポリプテルス・エンドリケリー・エンドリケリー』


①ポリプテルス・エンドリケリー・エンドリケリー
全長:約25cm
変わりバンドタイプ
¥5,000※売り切れました



上から。




右から。


左から。
  1. 2010/05/01(土) 05:00:00|
  2. 通販・店頭販売

ゴールデンウィーク売出し中☆


現在販売中の『ダトニオプラスワン』ですが、入荷当時と比べるとだいぶ大きくなってきました。

『成長スピードの遅い魚』であるダトニオですが、今の子達は『ブリブリビチビチビュンビューン』って感じです☆

入荷してからしばらくは赤虫しか食べなかったのですが、そのうちディスカスハンバーグをバクバク食べるようになり、最近はドライフードも食べるようになりました。

勿論、生きた小魚やエビが一番の好物ですし、それらは死んでても好物として食いが良いですが、ドライフードに比べると餌代としてお金がかかりますね。

ですが、ダトニオのことを考えると生き餌は『身になる栄養』として一番良いので、週に1~2回でも、与えると与えないとでは、だいぶ違います。

育成に力を入れるという方であれば、『生き餌を与える日』をつくると良いですよ☆

ダトニオに限らず、どの魚種も餌をしっかり与えて、ブリブリの状態文句無しで販売しているのも当店のウリですが、『誰もが飼い易いようにドライフードへの餌付けもする』も当店のウリです☆

ただし、買われて行くほとんどの魚が、御客様の水槽へ移ることによる『環境変化』で餌食いが悪くなったりしますが、それは幼魚ほど環境変化への順応が早いです。

どのみち、環境変化に慣れるには時間が必要になりますので、御客様は『水槽環境を良質に保つ』ことに努めていただければ何も問題はありません。

どれを購入して頂いてもかわりありません、というくらい自信をもってお勧め致します。

そもそも、状態に不安のある個体は出しませんので、私が魚を掬う時は安心して下さいね(^∇^)



この『お店の名詞』は、当店の常連さんが好意でプレゼントしてくれました☆

わざわざ作って持ってきてくれるなんて思ってもいなかったので嬉しかったです☆

ありがとうございます(^∇^)

この名詞が必要な御客様は、ご自由にお持ち帰り下さい☆
  1. 2010/05/02(日) 05:00:00|
  2. 未分類

特価エビ販売中


ネタも写真も無いので、ずっと前に遊びでやってみた、この画像で・・・(ーдー;)

特価販売中のエビ(レッドビーや黒ビー)まだ数がいますよ☆

販売数は多く無いのですが、いつもよりは多く確保できたので、今のところいつもよりは数がいます(^∇^)

ただ、いつでも提供できるものではありませんので、いる時に入手して下さいね。

当店ではビーシュリンプの水槽が多くありますが、数系統にわけているので、特価販売のエビも毎回同じわけでもないため、系統維持(近親交配による弊害を避けれるなど)の面を考えても良いですし、御客様も購入する楽しみがあると思います☆

エビは今が旬ですよ☆

気温が高くなる季節になってからではエビ飼育は格段に難しくなるので、今のうちから飼育して、安定した状態でこれからの季節を迎えるようにするのがお勧めです。

『まだビーシュリンプを飼育していないんだけど、気にはなっている』とか『近々飼育しようと思っている』という方は、早めに飼育し始めるのが良いです。

べつに私が単に売りたいから言っているのではありません。

環境さえまともであれば、小学生から年配のご婦人まで誰でも飼育・繁殖できます。

当店の御客様がまさしくそうで、小学生でも沢山繁殖させていましたし、主婦の方もそうでした。

が、問題はやはり夏場なんです。

夏場の水温上昇をなめてかかったり、ちゃんと水温上昇防止対策をしなかった方が、せっかく沢山繁殖させたエビを大量死させたり全滅させたりしています。

私も水槽リセットを怠ったり、電気代を節約しようとして夏場の冷房が不十分だったりで結構な数のエビを死なせることが何回かありました( ̄▽ ̄:)

ただでさえ環境変化は生体(エビや魚や水草)に負担をかけるので、飼育の難しい季節(エビの場合は夏頃)に飼育を始めるという事は、お店から御客様の水槽に移るという『環境変化』があるうえ、水温的なことを考えてもリスクが高くなります。

ですから、今のうちに御客様の水槽でエビが元気に飼育繁殖できる万全の状態にし、これから熱くなる季節に備えるようにするのが良いのです。

エビに限らず、飼育に使う商品も多くはいりませんし、『コレはココのメーカーのコレが良い』というのもあります。

お店やメーカーのうたい文句、数字(価格)だけで判断すると『安物買いの銭失い』や『安くなかったけど銭失い(汗)』ということになります。

私は積極的にものを売ることをしないので商売下手だとよく言われるのですが、御客様と話をした時に『こういうのを買ったんだけど』と御客様、すると私が『次からはコレをお勧めします』という会話がよくあります。

すると『なんだ、早く教えてよー』と御客様から言われます(´ω`;)

さらに『勧められたコレ良かったよ☆』と御客様が後日。

どうしても量販店には多くの商品があって、価格もすごく安く見えたりしますが、効果や品質の良さはどれも同じわけではありませんし、数字(価格)だけ安くても効果が期待できなかったり品質が悪ければ、それは安いとはいえません。

それは物だけでなく、生体にも言えることです。

当店は、出来るだけ良いものを出来るだけお買い求め易い価格で、つまりコストパフォーマンスに優れたものを御提供できるよう努めます。

ご注文・お問い合わせ、御気軽に(^∇^)
  1. 2010/05/03(月) 05:00:00|
  2. 未分類
次のページ

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

プロフィール

アクアショップZERO(ゼロ)

Author:アクアショップZERO(ゼロ)
since 2006

『些細なことから緊急なことまで、何かあれば深夜を問わず24時間メールをください』

当ブログは、リンクフリーです。
スマホの方で、カレンダーが表示されていない場合は、ブログの一番下まで行き「PCビュー」というところを押して、PC画面に切り替えて御覧下さい。
(※古い記事から表示しておりますので、最新記事にはカレンダーから飛んで下さい)

☆夜間から朝までの、緊急トラブルへの対応も可能ですので、24時間いつでもメールください☆

メールアドレス:zero_aqua_zero@yahoo.co.jp

稼動総水槽数、常時100本以上。
小規模店舗ですが、生体多数。
安心・安全・状態バッチリ・価格も魅力。
安価なものから高級レア種までお任せ。
信頼ある商品のみ取扱っております。
安物買いの銭失い、いや、ガラクタ買いの銭失いはさせません。
ディスカス・シュリンプ・らんちゅう・その他、小型魚~大型魚・水草から海水魚まで御任せ。

観賞魚・水草・飼育器具類・餌の販売。
仔犬を御探しの御客様には、御協力出来ます。
爬虫類・両生類・小動物の餌や器具類も御取り寄せできます。

場所は、イトク鷹巣南店そばです。
まずは、御来店・お問い合わせ、御気軽に。

お問い合わせ
メール:zero_aqua_zero@yahoo.co.jp

〒018-3323
住所:秋田県北秋田市米代町3-12

TEL&FAX:0186-62-9333
(※基本的にほぼ電話に出られないので、メールの方が早いです)

営業時間
平日
12:00~20:00
土日、祭日
12:00~19:00or20:00
(※ご迷惑をおかけしますが、営業時間・お休みにつきましては急な変更が多々あるため、ご来店前に当店ブログやメールでの確認が良いと思います。旧開店時間が14時からですので、14時以降であれば確実かと思います)

駐車場:無し
(※隣の駐車場は、当店の駐車場ではないため、絶対に車をとめないよう、強く御願い致します。)

定休日:不定休
(臨時休業もあり)

画像+606_convert_20160522004840


『特定商取引法に基づく表記』

販売業者:アクアショップZERO(ゼロ)

運営統括責任者:山城大介

所在地:〒018-3323 秋田県北秋田市米代町3-12

電話番号兼FAX:0186-62-9333

メールアドレス:zero_aqua_zero@yahoo.co.jp

販売価格:商品毎に記載(税込)

QRコード

QRコード

カテゴリー

ご来店ありがとうございます

カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

フリーエリア

スーパーセキュリティZERO

javari

Amazon.co.jp

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード